NCN

NCN

  • 人槽

    11〜50

  • BOD

    20

  • COD

    30

  • SS

    20

  • T-N

    20

処理方式:

分離嫌気ろ床担体流動方式

  • 特長
  • フロー
  • 寸法・仕様
  • 参考図
  • ダウンロード
  • 1. 環境負荷を削減します。

    • 窒素除去能力(放流水質T-N20mg/L)で環境負荷を減らします。

    • ブロワーの消費電力を従来比最大32%(A型)※1、48%(B型)※2に削減。 消費電力量を減らします。

    • 年間CO2排出量を従来比最大515kg(A型)※3、1,290kg(B型)※2削減。 CO2排出量を減らします。

    • すべて低炭素社会対応型浄化槽(省エネ型)です。

      ※※1:14人槽の場合、※2:45、50人槽の場合、※3:25人槽の場合。
      ※CO2排出量は電気事業連合会発表2007年度電力会社12社平均0.453kg-CO2/kWhを参考。

  • 2. 施工期間を削減します。

    • 流出管底を従来比60mm浅く設計。 槽内格差を100mmに抑え、自然放流への対応を拡大して放流ポンプ設置の追加施工を減らします。

    • エアー配管は1系統のシンプル設計。 配管資材と労力を減らします。

    • 標準設定ブロワーは全て電磁式を採用。
      軽量化により設置時の労力を減らします。

  • 3. 維持管理の手間を削減します。

    • 沈殿槽を採用したシンプル設計。
      閉塞などに対応する手間を減らします。

    • 送気は散気のみのシンプル設計。
      複雑なエアー配管が原因となる問題や切替え弁の故障、
      タイマーの調整などエアー配管機器の問題を減らします。

    説明図
  • 製品の説明図
  • NCN-A

    製品の説明図
  • NCN-B

    製品の説明図
  • NCN-A(平面図)

    製品の説明図
  • NCN-A(断面図)

    製品の説明図
  • NCN-B(平面図)

    製品の説明図
  • NCN-B(断面図)

    製品の説明図